次へ | PAGE-SELECT | 前へ

≫ EDIT

うろたえてしまいました。

ガリガリ君をこうしてやる!

これは、さっきガリガリ君クッションと格闘していたみみです。
でも、このほんの数時間前、
こんな元気なみみが見れないかもーと思うような事件があったんです。


それは、今日の夕方の事です。
みみパパと共に買物(近所のスーパー)から帰ると、
いつものように「おかえりなさーい」とみみは熱烈歓迎してくれました。

そして、いつものように
ぴょんして私へ抱っこ→下ろす→ぴょんして抱っこ→下ろす
を繰り返してました。
みみと私の恒例のお帰りの儀式です(笑)

すると、いきなり!抱っこしたみみが
「キャーン!!キャーン!!!!!」
と、けたたましく鳴き出しまして・・・・

何事かと見ると、
私がななめがけしていたショルダーバッグの金具に
みみの後ろ足の細い腱(腓骨?)が挟まれてしまったのです。

こんな感じに。
金具が挟まっちゃった!の例

写真では革のテープを例として挟んでますが、
こんな感じに後ろ足の細い腱(腓骨?)が
すっぽりと金具(ナスカン)の間に入り込んで
抜けなくなってしまいました。
外そうとするたびに、みみはけたたましく「キャーン」と鳴きます。
冷静になって外そうとしても、
みみの毛が邪魔して、金具がよく見えないし、動かないし、
そのたびに、「キャーン!!」。

こちらもオロオロ慌ててしまいまして、
そのままの状態でみみを抱えながら、車で動物病院へ。

移動中は、
金具を切断してくれればいいけど、
みみの腱を切断することになったらどうしよう・・・・・
そのせいで、みみがまともに歩けなくなったら・・・・
いろんな考えが頭をよぎります。
「ハァハァハァ」と息の荒いみみを抱えて不安で不安で。


病院到着。
10分ほど、本日の診察時間(19時)を過ぎてましたけど、
「急患なんです!!」と、まだ待合室にいる人達に断りまして、
すぐに診察室へ入れてもらいました。

診察台に乗せながら、先生に事情説明。
・・・・・と、
みみが診察台に乗って先生が触った途端、
「えっっ!?
いとも簡単に、先生はみみの足を金具から外してくれました。
あまりの早さにあっけに取られてしまった私たち夫婦。
見てなかったよーって。 なんという早技でしょ。

床に下ろすと、病院嫌いのみみったら、
診察室からドアに向かってスタコラ逃げようと歩いてるじゃないのー。
先生はニコニコと「お代はいいですよー」って・・・・
あぁーーーーすみませーん

ひたすら、ひたすら、先生とスタッフさん、待合室の他の患者さんに
お礼とお詫びを言いつつ、帰ってきました。
ホッとしたやら、恥ずかしいやら。
病院に入って、ものの5分も掛かってないです、たぶん。


でも、何事もなくてホントに良かったです。
こんなことってあるんですねぇ。
最大に開けても6ミリ幅位にしか開かない金具なんですけど、
そんなところに挟まってしまうなんて。
今度からは、バッグをおろしてから儀式しよう。

元気にガリガリ君クッションと絡んでるみみを見て、
つくづくと「はぁ、良かったね~」って、
安堵してビールを飲んだ飼主夫婦でありました。

何かあったっけ?
「さっき何かあったっけ?」

「鳴いてたみみがもう笑った~」だね。
関連記事
スポンサーサイト

| みみ | 23:20 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とにかく大事にならなくて良かったですね~っ!!!
読んでてハラハラドキドキもんでしたよ・・・(ホッ)
しかし、そんなに小さい隙間に挟まっちゃうなんて、あるんですね、
想像も着かないわ。
でもとにかく良かった、良かった!!

| チョキママ | 2011/09/26 16:47 | URL |

☆チョキママさんへ

ありがとうございますー!
本当に大事に至らなくてホッとしました。
小さな所にも大きな危険が潜んでるって事、身を持って知りました。
まさかこんな所に~って思いますけどね。
みみは一体何が起きたのかわかってないと思いますよ。

| みみママちゃん | 2011/09/26 21:00 | URL |

みみママちゃん、わんばんこ!
ちょっと~、ドキドキしちゃったよ~~~。
良かったね。本当に何事もなくて(^o^)/
でも、ガリガリ君クッションとお戯れのみみちゃん、何事も無かったような大物っぷり^m^

ママちゃんが大慌てしてる姿・・・。
ちょいと想像できてしまって笑っちまいました。

| さくら母ちゃん | 2011/09/27 20:14 | URL |

あぁ~よかった(≧ω≦)

うわぁ~
こわかった・・・
読んでてほんとドキドキしちゃいました。
痛いし、なんか背中が寒くなりましたよぉー
みみママさん、病院に駆け込んでよかったですね。
でもどうやって先生、取って下さったのでしょう。不思議ですね・・・
何はともあれ、怪我もなくよかったです♪

| ダッシュママ | 2011/09/27 22:06 | URL |

☆さくら母ちゃんへ

本当にビックリ、ハラハラの出来事でしたよ。
何であんな所に足が挟まっちゃったのか良くわかんないけど、
かなり焦ったよー。
はまったのも一瞬、取れた時も一瞬。

なっにぃ~~~!?想像して笑ったぁ~~~!?
確かにアタフタ、バタバタ、アセアセしてたけどさ・・・・・
だね、うん、笑えるかも・・・(^_^;)

| みみママちゃん | 2011/09/28 09:41 | URL |

☆ダッシュママさんへ

ドキドキさせてごめんなさーい。
どこにどんな危険が潜んでるかわからないもんですねー。
結局あっという間に外れたんだけど、
病院の先生が冷静に見てくれたからだもんね。
「あっという間」だったから「冷静」も何もないけどね(^_^;)
でも、私たち夫婦では何もできなかったから。
とにかく本当に怪我もなくて良かったです。

| みみママちゃん | 2011/09/28 09:48 | URL |

うわ~みみちゃん大変だったね
読んでいくうちにどうなることやらミミちゃんの心臓がドッキンドッキンちたよ~
でも病院行ってあっという間に取れて良かったねぇ
どうやってとってくれたんだろうね?
ママが一生懸命とってもとっても取れなかったのにね
でも無事取れてみみちゃんにも何事もなくてほんと良かったね(^。^;)ホッ

| | 2011/09/30 00:23 | URL |

失神・・・。

みみママちゃん~!!!!!!
はぁ~
失神寸前でしたよーーー描写がリアル~。
私が「えっ」、「ヒエ~」「う~」って小声で言うものだから、
モミマが興奮して顔をベロベロ。

あ~~ミミちゃん、よかったですねー。
あ~~本当に良かった(涙)
うんうん、ほんとーに無事で良かった~

儀式、あのピョンってやつですよね。
すごい特技ですよね~ミミちゃん尊敬!!

| momy | 2011/09/30 20:29 | URL |

☆ミミちゃんとミミりんママさんへ

ミミちゃん、心配させてゴメンねー。
挟まれた時、とっても痛かったから、
「痛いよー痛いよー」って思い切り叫んじゃった。
でも、病院の先生が簡単に外してくれたの。
ちょっとだけ大嫌いだった病院の好感度がUPしたわ。
本当にひどい事にならなくて良かったわ。

| みみママちゃん | 2011/10/02 21:51 | URL |

☆momyさんへ

あっ、momyさん~!お久しぶりですー!!
ビックリさせてごめんなさいねー。
そして、モミマちゃん達にも驚かせてしまって・・・。
うんうん、本当に無事で良かったです。
危険なものってどこに転がってるかわからないもんですね。
モミマちゃん、momyさんも気を付けてね。
みみったら、外れた途端にすぐ忘れちゃったみたいな行動取ってたけど、
それなりに焦っただろうし、恐かったと思います。

儀式、そうですそうです!!あの「ピョン」です。
いつも何かというと、あれなんですよ。

| みみママちゃん | 2011/10/02 21:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jrtmiminomimi.blog129.fc2.com/tb.php/133-5487744b

TRACKBACK

次へ | PAGE-SELECT | 前へ